アパートの経営と建築費

アパート建築費の隠れ情報

アパートを経営、建設する際大切なポイントにに家賃収入で建築費がどの位で回収出来るかです。

アパート建築費の隠れ情報のメインimage

新着記事

アパート建築は十分に相談を

アパートの建築費を考える場合、多くの建設会社が請負をしてくれますので、いくつかの会社の話を聞いておきましょう。

アパートの建築費とサブリース

アパートのサブリースとは建築費支払いの際に一棟まるごと借りる事で家賃を保証する事です。

アパートの経営と建築費

アパートを運営する上で大切な事は初期の建設費をどの位で回収出来るかであり、税金対策でアパートを建設したとしても最終的には黒字にする必要があります。

家賃収入で建築費分を稼ぐ事が出来た場合、その後は収入になる為大家業として成立しますが、入居率は低く回収の見込みが少ない場合は手放すしかありません。

■関連URL:安易なアパート建設・経営、人生を不幸にする危険…安定した賃貸困難、多額借金抱える

特にローンで購入した場合のリスクは高く、毎年の支払い以上の家賃収入がなければ赤字になってしまい、税金対策どころではありません。

その為、新しいアパートで中古販売されている物件は様々な事情はありますが、金策がつかなくなってしまった、という事です。

ただどのアパートもリフォームなど工夫をする事で物件の価値は上げることが出来ますので、経営していけない物件とは限りません。

特に建築費を準備する際にローンでなければ気長に資金回収をしていく事も出来ます。

アパートの建築費と回収を考える上では大家業は中古物件を購入した方が良いのかもしれません。

逆に新築でアパートを建設した方が好ましいケースは家賃対策や人口が集まる地域に土地を持っているケースです。

売却する方法もありますが、子孫に残していく場合は税金の支払いが心配になってきます。

そういった心配はアパート建築し、財産として物件を残す事で税の支払額を削減する方法が勧められる場合があります。

ただ実際に家賃収入を得ていく為にはお任せだけでは難しい部分もありますので、自分で判断する、という事も大切です。